アフィリエイト広告

HP 15s-fq5000レビュー:第12世代Core搭載の15.6インチエントリー向けスタンダードノートPC

2.5
HP 15s-fq5000

※検証機は筆者が購入しました

『HP 15s-fq5000』は15.6インチのフルHDディスプレイを搭載する、スタンダードタイプのノートPCです。CPUは第12世代Coreプロセッサ。記事執筆時点ではひと世代前のCPUが使われていますが、普段使いやビジネス作業には十分活用できます。

HP 15s-fq5000

HP 15s-fq5000

 

公式サイトの価格は、Core i5-1235U / 8GBメモリー / 256GB SSDの構成で約10万円から。筐体はエントリー向けのややチープな作りで、一般的な相場から考えるとかなりお高めです。しかしこのモデルは、量販店や通販サイトでの販売が主体。セールのタイミングを狙えば、割引やポイント還元でお得に入手できることがあります。

 

記事執筆時の価格

スペック 価格
Core i5-1235U / 8GB / 256GB 9万7000円
Core i7-1255U / 16GB / 512GB 13万円

※2023年11月15日時点

 

前述のとおり多少チープな部分はありますが、セールやポイント還元で安く買えるならアリです。パソコンを安く入手したい人に向いています。

 

この記事では筆者が購入した実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

おことわり

このレビュー記事では、メーカー貸し出し機材を1週間程度試用した上で作成しています。長期にわたって試用した際の耐久性については検証していません。あらかじめご了承ください。

スペック

発売日 2022年9月
OS Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080、IPS、非光沢
CPU Core i3-1215U / Core i5-1235U / Core i7-1255U
メモリー 8GB(4GB×2) / 16GB(8GB×2) DDR4-3200 ※スロット×2
ストレージ 256 / 512GB NVMe SSD
グラフィックス UHD / Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース USB Type-C(データ通信のみ)×1、USB Type-A×2、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン端子
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅358×奥行き242×高さ17.9~21.5mm / 約1.6kg
バッテリー 最大 7時間30分

本体デザイン

HP 15s-fq5000

HP 15s-fq5000外観。本体カラーはピュアホワイトとナチュラルシルバーの2色。検証機はピュアホワイトで、清潔感のあるさわやかな白です

HP 15s-fq5000

ボディは樹脂(プラスチック製)。見た目はいいのですが、実際に手で触れるとたわみが感じられ、ややチープな印象を受けます。指紋の跡がほとんど目立たないのは◯

HP 15s-fq5000

大きさは幅358mm、奥行き242mm

HP 15s-fq5000

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り小さい程度で、15.6インチタイプとしてはコンパクトです

HP 15s-fq5000

高さは実測で17.9mm(突起部を除く)

HP 15s-fq5000

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは20.9mm。設置時はやや厚みがありますが、見た目はスリムです

HP 15s-fq5000

重さは実測で1.615kg。最近の15.6インチタイプとしては標準的な重さ

HP 15s-fq5000

ディスプレイを開いた状態

HP 15s-fq5000

キーボード面もホワイト

HP 15s-fq5000

ディスプレイのベゼル(枠)は上下がやや太め

HP 15s-fq5000

インターフェース構成。端子類は少なめで、Type-Cがデータ通信のみな点は残念です

HP 15s-fq5000

ディスプレイ上部のカメラは720p 30fpsの動画撮影に対応。格安ノートPCとしては標準的なタイプです

HP 15s-fq5000

付属の電源アダプターは45Wの丸口タイプ。重さは279g

HP 15s-fq5000

スピーカーはキーボード上部に配置されています。サウンドは比較的クリアーで、動画やビデオ会議の音声はハッキリと聞こえました

HP 15s-fq5000

排気口はこの部分

HP 15s-fq5000

底面部

ディスプレイについて

HP 15s-fq5000

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ノートPCとしてはもっともスタンダードな組み合わせです

HP 15s-fq5000

標準のデスクトップ画面

HP 15s-fq5000

色域は公開されていませんが、品質的には化キャスノートPCでよく使われるNTSC 45%のパネルだと思われます。色は普通に見えますが、スマホやタブレットほど鮮やかではありません。文字中心の作業向きです

HP 15s-fq5000

明るさも十分なレベル。視野角の広いIPSパネルが使われているため、画面を斜めから見ても色や明るさがあまり変わりません

キーボードについて

HP 15s-fq5000

キーボードはテンキー付きの日本語配列。バックライトには対応していません。あらかじめ言ってしまうと、全体的に安っぽさを感じるキーボードです。ただしタイプ感にこだわらないなら、普通に使えます

HP 15s-fq5000

左側の配列。特に違和感はありませんが、ESCキーとF1~F12キーがかなり小さく作られています

HP 15s-fq5000

右側の配列にも特に違和感はありませんが、カーソルキーは小さめです

HP 15s-fq5000

キーを強く押すと、キーボード全体がたわみます

HP 15s-fq5000

ストロークは1.5mmで、ノートPCとしては標準的。ただし押下圧が非常に軽く、強く入力すると底打ちによる指への衝撃を感じます。軽めのタッチで入力する人向きです

HP 15s-fq5000

軽い力でもタイプ音がカタカタと聞こえます。詳しくは下記の動画を参考にしてください

メモリー増設について

HP 15s-fq

本体内部には2基のメモリースロットが用意されています

HP 15s-fq

8GB(4GB×2)→16GB(8GB×2)に増設可能。なお最大容量は16GBとされていますが、検証機では16GB×2を認識しました(動作を保証するわけではありません)

HP 15s-fq
HP 15s-fqのメモリー増設方法について
HPの15.6インチノートPC『HP 15s-fq』では公式サイトにて、「本製品のメモリスロットはユーザーがアクセスできるタイプではありません」と明記されています。しかし実際に内部を確認したところメモリースロットが用意されており、メモリーを...

 

ベンチマーク結果

検証機のスペック

CPU Core i7-1255U
メモリー 8GB(4GB×2) DDR4-3200
ストレージ 256GB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」に、電源モードを「バランス」に設定した上で、電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第12世代のCore i3-1215U / Core i5-1235U / Core i7-1255Uが使われています。

 

Core i7-1255U搭載モデルでCPUベンチマークテストを行なったところ、現行世代のCPUと比較して中位クラスの結果が出ました。Core i7なのにやや低めの印象ですが、実際のところ普段使いやビジネス作業には十分なパフォーマンスです。

 

薄型ノートPC向けCPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark CPU Mark Score
Ryzen 7 7735U
21043
Core i5-1340P
20760
Core i7-1360P
19623
Ryzen 7 7730U
18979
Core i5-1335U
18240
Ryzen 5 7535U
17163
Ryzen 5 7530U
16196
Core i7-1355U
15636
検証機(Core i7-1255U)
13871
Core i3-1315U
13033
Ryzen 3 7330U
10909
Core i3-N305
10265
Ryzen 5 7520U
9759
Ryzen 3 7320U
9249
Intel N100
5620

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

 

軽めの作業に強く影響するシングルスレッドのスコアでは、現行世代のCPUを上回る結果が出ています。大作ゲームや高度な動画編集などの重い作業には向きませんが、事務作業やネットの調べ物などには快適に利用できるでしょう。

 

薄型ノートPC向けCPUの性能差 (シングルスレッド)

CPU PassMark CPU Mark Score
検証機(Core i7-1255U)
3709
Core i7-1360P
3670
Core i5-1335U
3665
Core i7-1355U
3606
Core i3-1315U
3573
Ryzen 7 7735U
3289
Ryzen 7 7730U
3228
Ryzen 5 7530U
3136
Ryzen 5 7535U
3105
Ryzen 3 7330U
3089
Ryzen 5 7520U
2573
Ryzen 3 7320U
2485
Core i3-N305
2279
Intel N100
1971

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphics(Core i5 / i7モデル)またはUHD Graphics(Core i3モデル)が使われます。検証機で3Dベンチマークを行なったところ、同構成機としてはやや上ではあるものの、最近のノートPCとしては標準的な結果が出ました。ゲームやグラフィックスソフトで多少の効果が見込めますが、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

 

内蔵グラフィックスの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3445
Radeon(RDNA 3)
2862
Radeon 680M(RDNA 2)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR)
1528
検証機(Core i7+DDR)
1483
Iris Xe(Core i5+LPDDR)
1302
Radeon (Vega)
1204
Iris Xe(Core i7+DDR)
1149
Iris Xe(Core i5+DDR)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

すべてのテストで目標値を大きく超えており、全体としてはなかなか優秀です。しかし最新の機種と比べると、やや見劣りします。とは言え普段使いやビジネス作業には十分ですし、あとは値段しだいと言ったところでしょう。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
検証機8958
ThinkBook10616
Vostro9882
Flex510917
15-eg10258
Ins1610501
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
検証機6757
ThinkBook10003
Vostro6966
Flex59572
15-eg7417
Ins167622
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
検証機5199
ThinkBook6018
Vostro5500
Flex56536
15-eg6026
Ins166624

※スコアの目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

ThinkBook 14 Gen5 Ryzen 5 7530U / 16GB / Radeon
Vostro 15 3550 Core i5-1335U / 16GB / Iris Xe
IdeaPad Flex 5 Gen 8 Ryzen 7 7730U / 16GB / Radeon
HP Pavilion 15-eg Core i7-1355U / 16GB / Iris Xe
Inspiron 16 5630 Core i7-1360P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は、公称値で最大 7時間30分とされています。しかし公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

 

そこで実機を使ってビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から7時間17分で休止状態へ移行しました。公称値よりもわずかに短い結果ですが、日常的なビジネス利用でこれだけもてば十分でしょう。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。なおバッテリー駆動時は、電源接続時に比べてパフォーマンスが2~3割低下することがあるので注意してください。

 

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約7時間30分
Modern Office (ビジネス作業) 7時間17分
50%充電までにかかった時間 43分
フル充電までにかかった時間 2時間01分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

熱と騒音について

※計測時の室温は20度。室温が変わると、結果が異なる場合があります

本体の熱について

高負荷なベンチマーク中でも、本体が熱く感じることはありませんでした。暑い季節には、排気口のあたりが温かく感じるかもしれません。

HP 15s-fq5000

基本的に筐体が熱く感じることはありませんでしたが、条件しだいでは排気口のあたりがほんのり温かくなるかもしれません

CPUの熱について

高負荷時のCPU温度を計測したところ、最大温度は76度で平均温度は69.9度でした。温度的にはまったく問題のない範囲です。消費電力はテスト開始直後の高出力状態時で24~26W、その後は16~19Wを推移していました。

HP 15s-fq5000

CINEBENCH R23のマルチコアテストを10分間行なった際のCPU温度とCPU消費電力の推移

 

駆動音について

駆動音(ファンの回転音や排気口からの風切り音)は、高負荷時に多少大きく聞こえます。うるさすぎるほどではありませんが、静な場所で利用するなら周囲に配慮したほうがいいでしょう。

駆動音の計測結果

電源オフ 36.5dB
待機中 36.8dB前後 ほぼ無音
軽作業中 37.3~38.5dB前後 甲高いファンの回転音がハッキリと聞こえる。音自体はそう大きくないものの、長時間聞き続けるとストレスが溜まるかも
高負荷時 39.3dB前後 甲高い回転音と大きめの排気音が聞こえる。ガマンできないほどではないが、静かな場所では気になるほどの大きさ
(参考)エアコンの最大出力時 48~58dBA前後

セールが狙い目

HP 15s-fq5000

全体的にチープさはあるものの、使用感にこだわらなければ普通に使えます。使い心地よりも、性能と価格のバランスを重視したい人向け。突発的にセールで安くなることがあるので、うまくタイミングを合わせられるなら非常に高コスパです。

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました