Surface Laptop Go 2ぶっちゃけレビュー:第11世代搭載の12.4インチコンパクトノートPC

Surface Laptop Go 2レビュー

いきなり正直に言えば、マイクロソフトのSurface Laptop Go 2はコスパがイマイチです。小さくて軽く見た目も良くて性能もそこそこいいのですが、4GBメモリー搭載で9万円台半ば、8GBメモリー + 128GB SSD搭載 & 解像度がフルHD未満で約11万円は高いと言わざるを得ません。全モデルにOffice Home & Business 2021が付いていたとしてもです。

標準価格

スペック 価格
第11世代Core i5 / 4GB / 128GB SSD 9万6580円
第11世代Core i5 / 8GB / 128GB SSD 10万9780円
第11世代Core i5 / 8GB / 256GB SSD 12万2980円

※2022年6月21日時点

Surface Laptop Go 2は前モデルSurface Laptop Goと比べて、最大で2万円程度値上がりしています。そのぶんスペックアップしてはいるものの、以前ほどのお買い得感はなくなりました。

前モデルの標準価格

スペック 価格
第10世代Core i5 / 4GB / 64GB eMMC 7万6800円
第10世代Core i5 / 8GB / 128GB SSD 9万2800円
第10世代Core i5 / 8GB / 256GB SSD 11万4800円

※2022年6月21日時点

Surface Laptop Go 2のサイズと軽さ(1.127kg)にこだわりがないなら、現時点ではSurface Laptop 4 13.5インチモデルのほうが性能 / 機能面で高コスパです。画面サイズは13.5インチで解像度は2256×1504ドット、重さは1.288kgで161gしか変わりません。いまなら一部の機種が値下がり中で、お得に購入できます。

Surface Laptop 4 値段

6/30まで一部モデルが割引中 ※2022年6月21日時点

Surface Laptop 4 13.5インチモデルレビュー

Surface Laptop 4 13.5インチモデル(アイスブルー)

Surface Laptop 4 13.5インチモデルレビュー:あいかわらずの高品質だけどそろそろリニューアル希望
マイクロソフトのSurface Laptop 4 13.5インチモデルは、2256×1504ドットのディスプレイを搭載するノートPCです……

Surface Laptop Go 2はちょっと抵抗のある価格ですが、割引セールが行なわれれば検討する価値アリです。あくまでも個人的な感想ですが、目安としては下位モデルで7万円台以下、中位モデルで8万円台以下といったところでしょうか。マイクロソフト公式サイトでは2~3ヵ月おきくらいでセールが行なわれるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

Surface Laptop Go 2

Surface Laptop Go 2はセール時が買いどき

ただしSurfaceシリーズのなかではエントリー(入門)向けの位置付けで、ほかの機種ほどの機能や性能、品質を備えていません。購入する前に、外観やパフォーマンスを十分確認してください。

そこでこの記事では日本マイクロソフトよりお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。なお当サイトは製品を紹介することで紹介料を獲得するマイクロソフトのアフィリエイトプログラムを利用していますが、冒頭の書き出しからもおわかりのように関係各所へ忖度する気はまったくありません。

Surface Laptop Go 2

Surface Laptop Go 2

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 12.4インチ 1536×1024 光沢 タッチ対応(ペン入力非対応)
CPU Core i5-1135G7
メモリー 4 / 8GB LPDDR4x
ストレージ リムーバブル128~256GB SSD ※交換は認定技術者のみ
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
インターフェース USB Type-C(充電 / 映像出力対応)×1、USB Type-A×1、Surface Connect、ヘッドホン端子
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅278.2mm、奥行き206.2mm、高さ15.7mm / 約1.127kg
バッテリー 最大13.5時間

本体デザイン

Surface Laptop Go 2

Surface Laptop Go 2の本体カラーはプラチナ、アイスブルー、セージ(新色)、サンドストーンの4色

Surface Laptop Go 2 カラー

今回使用したのはサンドストーンのモデル。写真はやや暗く映っていますが、実際にはメタリックな淡いピンクといった印象です

Surface Laptop Go 2 パッケージ

Surface Laptop Go 2のパッケージ。自然光の元だとこの程度の明るい色に見えることがあります

Surface Laptop Go 2 天板

天板はアルミ製。表面はツヤ消しのサラサラとした手触りで指紋の跡が目立ちません。写真では影の関係で色がかなりくすんでいますが、実際にはもっと明るい色です

Surface Laptop Go 2 スタイル

シュッとしたスタイリッシュなフォルム

Surface Laptop Go 2 ディスプレイの開閉

ディスプレイは指1本で開閉可能。ヒンジのトルクと本体重量のバランスが取れているからこそ可能な仕様です

Surface Laptop Go 2 キーボード面

キーボード面。ベゼルはアルミ製で天板と同じ仕上がり。キーとタッチパッドは、やや濃いめのベージュです

Surface Laptop Go 2 ベゼル

ディスプレイのベゼルは太くはありませんが、最近の機種としては細くもありません

Surface Laptop Go 2 インターフェース

インターフェースは少なめ。モバイル向けには問題ありませんが、デスクに設置して周辺機器を複数使う場合は拡張ドックを利用するほうがいいでしょう

Surface Laptop Go 2 カメラ

ディスプレイ上部のカメラは720p。高画質タイプではありませんが、一般的なスペックです

Surface Laptop Go 2 指紋センサー

中上位モデルでは、電源ボタンに指紋センサーが組み込まれています(下位モデルは非対応)。ただし電源ボタンの位置はちょっと微妙。押すとスリープへ移行するので、押し間違え時の設定を行なったほうがいいでしょう

Surface Laptop Go 2 スピーカー

スピーカーは本体両脇付近のキーボード下に配置されています。音声は非常にクリアーで、解像感も高め。ビデオ会議はもちろん、BGM用として音楽を聴くのにも向いています。ノートPCのなかでは、かなり高音質です

Surface Laptop Go 2 電源アダプター

電源アダプターはSurfaceシリーズ共通のSurface Connectタイプ。重さは209g。Type-C端子からの充電も可能です

Surface Laptop Go 2 排気口

吸排気はどちらもこのあたりで行なわれます。排気はいちどヒンジに当たるので、ディスプレイが熱くなることはありません

Surface Laptop Go 2 底面

底面部は樹脂(プラスチック)製。排気口はありません

サイズと重量

Surface Laptop Go 2 サイズ

フットプリントは幅278.2mmで、奥行き206.2mm

Surface Laptop Go 2 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4よりもやや小さい程度のサイズ感です。普通のバッグには難なく収まる大きさ

Surface Laptop Go 2 厚さ

厚さは公称値で15.7mm、実測で15.4mm(突起部を除く)。数値としては薄い部類ですが、本体が小さいため数値ほどスリムには感じませんでした

Surface Laptop Go 2 背面

本体背面。底面部のゴム足(突起部)を含めた設置時の高さは16.2mm

Surface Laptop Go 2 重さ

重さは実測で1.136kg

Surface Laptop Go 2 重さ

楽々と持ち運べる重さです。ただし12インチ前後のモデルとしては、特別軽いわけでもありません

ディスプレイについて

Surface Laptop Go 2 画面サイズ

画面サイズは12.4インチで、解像度は1536×1024ドット。アスペクト比(画面の縦横比率)はSurfaceシリーズ共通の3:2です。

Surface Laptop Go 2 デスクトップ

標準のスケーリング設定は100%。デスクトップの文字の大きさは1.4~1.9mm程度で、かなり小さく表示されます(新聞の文字が3.3~3.8mm程度)。文字が読みづらく感じる場合は、スケーリング設定を調整してください

Surface Laptop Go 2 映像品質

映像は自然な色合いです。スマホやタブレットほどの鮮やかさはありませんが、PCとしては高品質な部類に入るでしょう

Surface Laptop Go 2 明るさ

明るさは十分な印象。ほかのSurfaceシリーズほど明るくはありませんが、作業には問題ありません

Surface Laptop Go 2 コントラスト

コントラストが高く、色にメリハリが感じられます

キーボードについて

Surface Laptop Go 2 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列。スペースキーの両脇に英字キーとかなキーが配置されています。バックライトには対応していません

Surface Laptop Go 2 配列

Enterキーとその上部のキーがやや小さく作られています。電源ボタンを押すとスリープへ移行するので注意(電源ボタン設定で回避できます)

Surface Laptop Go 2 タイプ感

キーピッチは実測で18.5mm。標準値である19mmよりやや狭く、入力時にはわずかに窮屈に感じました。特にEnterキー周辺が打ちづらく、慣れるまで誤入力があるかもしれません。とは言え12インチクラスとしては、比較的使いやすいキーボードです

Surface Laptop Go 2 タイプ音

キーストロークは実測で平均1.39mm。クリック感がとても固く、カクカクとしたタイプ感がしっかりあります。タイプ音は軽いタッチでもカクカクと聞こえるものの、ノートPCのキーボードとしてはかなり静かです。ただし強く打つとそれなりに響くので注意

Surface Laptop Go 2 タッチパッド

タッチパッドの動きと感触が非常になめらか

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-1135G7
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第11世代のCore i5-1135G7が使われています。本来このCPUはそれなりに性能が高いのですが、Surface Laptop Go 2のCPUベンチマークテストでは同じCPUの平均値を大きく下回りました。前モデルよりも性能はアップしているものの、薄型ノートPC全体で見れば「中の下」クラスの結果です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-1280P
5403
Ryzen 7 6800U
3895
Ryzen 7 5800U
3792
Ryzen 5 5600U
3640
Ryzen 7 5700U
3512
Ryzen 5 5500U
2817
Core i7-1185G7
2301
Core i5-1135G7
2063
Ryzen 3 5300U
2010
Core i7-1165G7
1963
Surface Laptop Go 2(Core i5-1135G7)
1469
Core i3-1115G4
1314
前モデル(Core i5-1035G1)
1289
Celeron N4500
426
Celeron 6305
416

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

以下のグラフは、高負荷時におけるCPUのクロックと温度、消費電力の推移を表わしたものです。テスト開始から3分間程度は比較的高パフォーマンス状態を維持していたものの、それ以降はやや落ちています。

Surface Laptop Go 2 CPU温度

CINEBENCH R23を10分間実行し続けた際の、CPUの平均コアクロックと温度、消費電力の推移

CPU温度は比較的低めではあるものの、クロックと消費電力もかなり抑えられていました。Core i5-1135G7は最大で28WまでcTDP(消費電力の目安)を引き上げられますが、高パフォーマンス時で20W前後、低パフォーマンス時で15W前後までしか上がっていません。これは消費電力を抑えることで、あえてパフォーマンスを抑えていることを表わします。

これはおそらく、CPUから発生する熱を抑えるためでしょう。CPUパフォーマンスよりも、内部の熱対策を優先した結果です。第11世代Core i5搭載と聞くと高性能な印象を受けますが、実際のパフォーマンスは数段劣ると考えてください。

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Xe Graphicsが使われます。CPU内蔵タイプとしては、なかなか優秀な結果です。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Surface Laptop Go 2(Core i5+LPDDR4x)
1245
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Surface Laptop Go 2(Core i5+LPDDR4x)
4559
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
UHD
1335
前モデル(Core i5)
1275

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

CPUベンチマークテストの結果は低かったのですが、総合的な性能は悪くありません。一応各テストの目標値は超えているので、軽めの作業であれば問題なく行なえるでしょう。ただし重い処理には向いていないので注意してください。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Laptop Go28896
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Laptop Go28295
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Laptop Go25987
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で、最大13.5時間とされています。しかし公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

そこで実機を使ってビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から10時間5分で休止状態へ移行しました。公称値よりも短い結果でしたが、連続で作業しながらのテストであることを考えれば妥当なところでしょう。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Ryzen 3 53Whrモデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大13.5時間
Modern Office (ビジネス作業) 10時間5分
50%充電までにかかった時間 42分
フル充電までにかかった時間 1時間3分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

Surface Laptop Go 2の解像度は1536×1024ドットのため、一般的なフルHD(1920×1080ドット)ではなく1280×720ドットに下げてゲーム系ベンチマークを行ないました。解像度が低いだけあって、スコアとしてはそこそこ優秀な結果が出ています。中量級クラスのタイトルでも、画質をグッと下げれば快適に遊べる目安の平均60FPSをクリアーできるでしょう。

ただし解像度が低い点が、映像やプレーに影響するかもしれません。基本的にはガッツリと遊ぶための機種ではなく、生き抜いて程度にプレーする程度と考えてください。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 1178 / 動作困難
標準品質 2604 / やや重い
軽量品質 3747 / 普通

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 6211 / 44.6 FPS
高品質 6451 / 46.8 FPS
標準品質 8602 / 62.6 FPS

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 14016 / すごく快適
標準品質 15240 / すごく快適
低品質 17193 / すごく快適

※1280×720ドットの結果

いまこそオフィスなしモデルを!!

Surface Laptop Go 2 

以上のようにSurface Laptop Go 2は見た目は悪くなく、性能的にはほどほどです。2020年発売のモデルをベースにしているため、排熱面でちょっとムリが出ているのかもしれません。個人的にはベゼルが少し太い点と、キーボードにバックライトが付いていない点も気になりました。各部では優れた面もあるものの、総合的にいまどきの10万円クラスとしては物足りません。

割高感が出ているのは、オフィスが付属しているためです。「日本ではオフィスが付いていないPCは売れない」とする日本マイクロソフトの主張は理解できます。しかしすでにサブスクリプション版のユーザーが多い状況で、個人向けにオフィスなしモデルを販売しないのは非合理的。筆者はオフィスのライセンスが5本(5台ぶんではなく。うちひとつはMicrosoft 365)を超えたので、もうSurfaceシリーズを購入するのはやめました。

Surface Laptop Go 2 オフィス

すべてにオフィスを付属するのは、サブスク版が普及しつつある現在において非合理的です

またマイクロソフトはSurfaceシリーズを大学生にも強く勧めていますが、付属のOffice 2021は2026年10月にサポートが終了する問題があります。今年1年生ならギリギリ大丈夫ですが、来年2023年度の新入生だと卒論制作真っ最中であるはずの4年生の10月にサポートが切れるわけです。さらに大学によっては、オフィスのボリュームライセンスを使えるところもありますよね。

加えて最近は世界的な部品価格の高騰や部品不足、円安などの影響で、国内のPC価格が急上昇しています。Surface Laptop Go 2も、少なからず影響を受けているはずです。そもそもSurface Laptop Go 2はエントリー向けの低価格モデルだったはずなのに、価格的にはミドルレンジあたりになってしまいました。もはやエントリー的な位置付けに意味はなく、だったら解像度が高くてパワーもあるほかのSurfaceあるいは他社製品を買うよね、となることでしょう。

いま求められているのは、値上げの言い訳としてスペックアップしたモデルではないはずです。誰でも安く買える、オフィスなしのSurface Laptop Go 2を切に願います。

Surface Laptop Go 2

Surface Laptop Go 2

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCのレビュー一覧
パソコンお買い得情報一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!