アフィリエイト広告

Vostro 14 3430レビュー:筐体はエントリー向けでも価格はハイエンドクラス

Vostro 14 3430

デルのVostro 3430は、14インチのフルHDディスプレイを搭載するビジネス向けスタンダードノートPCです。CPUはインテル第13世代Coreプロセッサで、メモリーは8~16GB、ストレージは256 / 512GBのSSD。ビジネス向けモデルだけあって、手厚い有料サポートサービスも用意されています。

 

※Vostroシリーズは法人向けのビジネスPCですが、個人事業主や自営業者でも購入できます。注文時に所在確認などはありません。

 

Vostro 14 3430

Vostro 14 3430

 

性能的には、軽めの作業をしっかりこなすための機種です。しかし値段が高いわりに本体がかなりチープ。ボディやキーボード、インターフェース周りは格安ノートPC相当でした。基本的にはビジネス向けのサービスを利用したい人向けですが、大幅に値引きされているタイミングで入手するのもアリです。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Vostroシリーズが3%オフ!

限定公開の特別クーポンを使うと、VostroシリーズのノートPCやデスクトップPCを3%オフで購入できます。クーポンコード(英数字)は以下のリンクから入手(コピー)してください。
特別なお客様限定クーポン

スペック

発売日 2023年3月17日
OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14インチ、1920×1080ドット、WVA(広視野角パネル) 、非光沢、220nit、45% NTSC
CPU Core i3-1305U / Core i5-1335U / Core i7-1355U
メモリー 8GB×1 / 16GB(8GB×2) DDR4-2666 ※メモリースロット×2
ストレージ 256 / 512 NVMe SSD
グラフィックス UHD Graphics(i3、またはi5 8GB×1構成) / Iris Xe(i5 8GB×2構成またはi7)
通信 11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、有線LAN(1Gbps)
インターフェース USB3.2 Gen1 Type-C(データ通信のみ)×1、USB3.2 Gen1×1、USB2.0×1、HDMI1.4(最大1920×1080@60Hz)、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
セキュリティ ※生体認証は非対応
サイズ / 重量 幅323.67mm、奥行き220.26mm、高さ18.62~19.48mm / 約1.46kg
バッテリー 3セル 41WHr ※駆動時間は非公開

本体デザイン

あらかじめお伝えしておくと、Vostro 3430の筐体はかなりチープです。ボディは樹脂(プラスチック)製の安っぽい仕上がり。「シンプル」と言えば聞こえがいいのですが、いかにもなデザインを以前からずっと採用し続けています。価格が5~6万円台であれば納得できますが、7~13万円台の製品としてはかなり厳しいでしょう。

 

Vostro 14 3430

Vostro 14 3430の外観。本体カラーはカーボンブラック

 

Vostro 14 3430

ボディは樹脂製で、表面には格子状のテクスチャー加工が施されています。グリップ感は高まるものの、いかにも格安ノートPC的な仕上がり。触ると指紋の跡が残ります

 

Vostro 14 3430

ノートPCとしてはスタンダードなデザイン。各部が厚く、場所によってはパーティングライン(わかれ目)にすき間が生じています。ただし頑丈には作られており、米国防総省制定の耐久基準「MIL-STD-810H」に準拠しているとのこと。とは言え各部を押すと歪みが生じるので、構造的には強化されているといったところでしょう

 

Vostro 14 3430

設置面積は幅323.67mm×奥行き220.26mm。A4サイズよりもひと回り大きい程度で、14インチタイプとしては一般的な大きさです

 

Vostro 14 3430

厚さは公称値で18.62~23.02mm。このシリーズは底面部のゴム足を含めた高さを最大値にしているので、設置時の実際の高さは23mm前後です

 

Vostro 14 3430

14インチタイプとしては厚みを感じる作りです

 

Vostro 14 3430

重さは実測で1.438kg。14インチノートPCとしては標準的な重さ

 

Vostro 14 3430

ディスプレイを開いた状態

 

Vostro 14 3430

ディスプレイ上部のWebカメラは、720p 30fpsの動画撮影に対応。現在の基準では最低限のスペックではあるものの、ノートPCとしては標準的です

 

Vostro 14 3430

キーボード面も天板と同じ仕上がり。入力時にはホームポジション付近でたわみが感じられました

 

Vostro 14 3430

ディスプレイのベゼルは上下がやや太めですが、気になるほどではありません。とは言え、いまどきのスッキリとしたデザインでもないのはちょっと残念です

 

Vostro 14 3430

インターフェース構成は比較的多めです。このモデルからType-C端子が追加されましたが、対応する機能はデータ通信のみ

 

Vostro 14 3430

付属の電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは319g

 

Vostro 14 3430

スピーカーは底面部両脇に配置されています。低音域は非常に軽いのですが、そのぶんビデオ会議や動画などの人の声は聞き取りやすく感じます。ノートPCとしては標準的な音質です

 

Vostro 14 3430

排気口はこの部分。温かい排気がディスプレイに直接当たります。通常使用時の駆動音は気になりませんが、高負荷時には排気音が少し大きく聞こえました。人によっては少し気になるかもしれません

 

Vostro 14 3430

底面部には吸気口

ディスプレイについて

Vostro 14 3430

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドット。良くも悪くも、普通のディスプレイです。デスクトップのスケーリングが150%とやや大きめに設定されているので、文字が大きく感じる場合は125%以下に変更するといいでしょう

 

Vostro 14 3430

色域は45% NTSC。格安ノートPCで使われているのと、同じパネルが使われています。映像の鮮やかさはほどほどですが、文字中心の作業であれば問題ありません。ただ画面がちょっと暗いため、色が若干寒色系に見えます

 

Vostro 14 3430

画面の明るさは220nit。ノートPCとしては、数値的にかなり暗い部類に入ります。実際の映像も確かに暗く、少し見えづらく感じることがありました。特に明るい照明の下では、作業しにくいかもしれません

キーボードについて

Vostro 14 3430

キーボードはテンキーなしの日本語配列

 

 

Vostro 3420 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列。標準ではバックライト非搭載ですが、カスタマイズ対応モデルでは有料の追加オプションでバックライトに対応できます。納期の早い「即納モデル」は追加できません

 

Vostro 14 3430

Enterキー周辺で一部のキーが隣接していますが、キーの配置や大きさにはあまり違和感はありません。強いて言うなら、カーソルキーの上下が小さくて押しづらい程度

 

Vostro 14 3430

キーを押した瞬間の手応えは感じられますが、ストロークがやや浅めでタイプ感は軽く感じます。またホームポジション付近で、たわみが感じられました。全体的にちょっとガタガタとした印象を受けます

 

Vostro 14 3430

タイプ音は軽い力で入力してもカタカタと聞こえます。うるさくはないものの、軽めのタッチを心がけたほうがいいでしょう

 

Vostro 14 3430

キーボードの仕上がりも、全体的に安っぽく感じます。タイプ感にこだわらないなら普通に使えますが、快適に使えるキーボードではありません。個人的には外付けキーボードを使うほうがおすすめです

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-1335U(10コア、15W)
メモリー 8GB×2(DDR4-2666)
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Iris Xe Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「MyDell」の「電源マネージャ」→「サーマルモード」を「超高パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第13世代のUシリーズ(低消費電力タイプ)が使われています。Core i5-1335U搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、現行世代のCPUとしては中位クラスの結果でした。とは言え現行世代のCPUは性能が非常に高く、中位クラスでも十分パワフルです。

 

しかし同じCore i5-1335Uの平均値よりも、9%程度低い結果が出ています。Core i3やCore i7についても、同様の結果となるかもしれません。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark CPU Mark Score
Ryzen 7 7735U
21043
Core i5-1340P
20760
Core i7-1360P
19623
Ryzen 7 7730U
18979
Core i5-1335U
18240
Ryzen 5 7535U
17163
Vostro 14 3430(Core i5-1335U)
16654
Ryzen 5 7530U
16196
Core i7-1355U
15636
Core i3-1315U
13033
Ryzen 3 7330U
10909
Core i3-N305
10265
Ryzen 5 7520U
9759
Core i3-1305U
9724
Ryzen 3 7320U
9249
Intel N100
5638

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

 

その一方で、軽めの作業に強く影響するシングルスレッド(シングルコア)性能のテストでは、非常に優秀な結果でした。日常的な作業では、快適に利用できるでしょう。重いソフトをいくつも使った複雑な作業よりも、少数のソフトでちょっとした作業を行なうのに向いています。

 

CPUの性能差 (シングルスレッド)

CPU PassMark CPU Mark Score
Vostro 14 3430(Core i5-1335U)
3711
Core i7-1360P
3670
Core i5-1335U
3665
Core i7-1355U
3606
Core i3-1315U
3573
Ryzen 7 7735U
3289
Ryzen 7 7730U
3228
Ryzen 5 7530U
3136
Ryzen 5 7535U
3105
Ryzen 3 7330U
3089
Ryzen 5 7520U
2573
Ryzen 3 7320U
2485
Core i3-N305
2279
Intel N100
1971

※そのほかのスコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

グラフィックス性能

グラフィックス機能は、パーツ構成によって変わります。Core i3モデルまたは8GBメモリー×1構成のCore i5モデルではUHD Graphics、8GBメモリー×2構成のCore i5 / i7モデルではIrisi Xe Graphicsを利用します。

 

試用機では8GBメモリー×2構成のIris Xeでしたが、性能は低めです。おそらくメモリー速度が2666MHzとやや遅いためでしょう。ただ、そもそもVostro 3430はビジネス向けPCなので、あまり気にする必要はありません。。文字や数値中心の作業であれば、高いグラフィックス性能はそれほど必要ないはずです。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Zen3+)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4)
1302
Radeon (Zen3)
1204
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Vostro 14 3430(Core i5+DDR4)
1089
Radeon (Zen2+)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は大きく上回っており、一般的な使い方であれば快適に利用できるでしょう。ただしCPUに高い負荷のかかるマルチコア系の処理は苦手なようです。どちらかと言えば、軽めの作業に向いています。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Vostro10191
ThinkBook10616
Flex510917
ZenBook159869
15-eg10258
Ins1610501
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Vostro7246
ThinkBook10003
Flex59572
ZenBook158854
15-eg7417
Ins167622
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Vostro5780
ThinkBook6018
Flex56536
ZenBook8298
15-eg6026
Ins166624

※スコアの目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

▶ThinkBook 14 Gen5 Ryzen 5 7530U / 16GB / Radeon
▶IdeaPad Flex 5 Gen8 Ryzen 7-7730U / 16GB / Radeon
▶Zenbook 15 OLED Ryzen 7 7735U / 16GB / Radeon
HP Pavilion 15-eg Core i7-1355U / 16GB / Iris Xe
Inspiron 16 5630 Core i7-1360P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公開されていません。そこでビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から7時間58分でバッテリー残量が3%に達し、休止状態へ移行しました。最近の機種としてはあまり長いほうではありませんが、据え置き用であることを考えれば十分な結果です。。

 

ディスプレイの輝度やパフォーマンス設定を下げれば、さらに駆動時間が延びる可能性があります。しかしバッテリー駆動時は電源接続時に比べて、パフォーマンスが低下することがあるので注意してください。

 

PCMark 10バッテリーテスト検証結果(Core i5モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 11時間35分
充電率50%までの時間 52分
満充電になるまでの時間 2時間25分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

個人で導入するにはやや厳しい

Vostro 14 3430

記事執筆時でのVostro 3430の値段は、Core i3モデルで7万5000円前後、Core i5+16GBメモリーモデルで10万2000円前後、Core i7モデルで約13万円です。同じ14インチの『Inspiron 14 5430』(個人向けモデル)ならCore i5+16GBメモリーモデルで約8万円、Core i7モデルで9万円ちょっとであることを考えると、Vostro 3430は値段が非常に高いと言わざるを得ません。

 

デル Inspiron 14 5430レビュー:第13世代搭載のパワフル14インチ
デルの『Inspiron 14 ノートパソコン(5430)』(以下、"Inspiron 14 5430")は、14インチディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。第13世代Coreプロセッサ搭載で、高いパフォーマンスを実現し...

 

そのぶん本体が高品質なわけでもなく、むしろかなりチープです。筐体的には、5~6万円台の格安ノートPCと同じレベル。7~13万円台は価格的にはミドルレンジ~ハイエンドクラスですが、それだけのお金を払ってプラスチック製のベコベコボディで性能もほどほどとなれば、コスパは低いと断言できます。

 

ちなみに前モデルのVostro 3420でもまったく同じように評価しているんですよね……。
https://little-beans.net/review/vostro3420/

Vostro 14 3430

筐体が非常にチープな点が残念

 

しかし、法人需要の点で考えると若干変わってくるかもしれません。個人向け製品にはない保証 / サポートサービスを選べる点はメリットですし、ソリューション込みなどでの一括導入ともなれば1台あたりの値段は大きく変わるでしょう。そのあたりについては、デルに電話で問い合わせることをおすすめします。

 

また前モデルでは、タイミングによっては大きく割引されることがありました。標準価格はかなり高いので、セールのときに狙うといいでしょう。

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧
お買い得情報一覧

タイトルとURLをコピーしました