ドスパラ GALLERIA XT (1660Ti) レビュー:人気ゲームを120Hzで楽しむのにちょうどいいGTX 1660 Ti搭載ゲーミングPC

ドスパラ GALLERIA XT (1660Ti) レビュー

サマーセール実施中!

ドスパラの公式サイトにて、各種デスクトップPC / ノートPCを対象としたサマーセールが実施されています。期間は8/29まで。最新の人気モデルが大幅値引き、または上位パーツへのアップグレードが無料でたいへんお得です!
👉 公式サイトで詳細を見る

GALLERIA XTは、数あるドスパラ製ゲーミングデスクトップPCのなかでも人気ランキング2位に輝くモデル (2019年8月5日時点)です。人気の理由は、フォートナイトなどの人気ゲームを高リフレッシュレートで楽しむのにちょうどいい性能と価格である点。税込価格は14万円台からと、ミドルレンジクラスとしてはコスパの高いモデルです。

GALLERIA XT スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-8700、メモリー:16GB、ストレージ :512GB SSD + 1TB HDD、グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti

この記事ではメーカーからお借りしたGALLERIA XTの実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

GALLERIA XT

GALLERIA XT (GTX1660Ti搭載)

税込14万2538円~

※構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

関連記事

👉 ドスパラのゲーミングPCレビュー一覧

GALLERIA XT のスペック

CPU Core i7-8700
メモリー 16GB ※無料アップグレード中
ストレージ 512GB SSD (PCIe)
1TB HDD
グラフィックス GTX 1660 Ti (6GB)
チップセット B365
電源 500W (80PLUS BRONZE)

※2019年8月5日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ATX
SATAポート 6
M.2スロット 2
光学ドライブ ー ※オプションで追加可能
ドライブベイ 5インチ×5
3.5インチ×5
拡張スロット PCIe x16 ×1
PCIe x4 ×1
PCIe x1 ×4
有線LAN 1000Mbps
無線LAN
Bluetooth
USB3.1 Gen1×4 (背面)
USB3.0 2 (前面)
USB2.0 2 (背面)
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード SD / microSD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1
DVI 1
サイズ 幅207mm
奥行き520.7mm
高さ450.2mm
重量 約13.9kg

GALLERIA DTの本体の外観と内部

外観について

GALLERIA XTは、本体サイズの大きなミドルタワー型のデスクトップPCです。設置に場所を取りますが、そのぶん拡張性と冷却性能に優れる点がポイント。将来的にストレージや拡張ボード、その他のPCパーツなどを追加したい人に向いています。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

GALLERIA ZZ i9-9900K サイズ感

21.5インチディスプレイとのサイズ比較

GALLERIA XT 外観

GALLERIA XTの外観

GALLERIA XT 前面と背面

前面(左)と背面(右)。高さは450.2mmで、幅は207mm

GALLERIA XT 側面

左側面(左)と右側面 (右)。奥行きは520.7mm

GALLERIA XT 天面

天面部には冷却効果を高める通気口と空冷ファン

GALLERIA XT 底面部

底面部にも振動を抑えるとともに空気を流れやすくするためのインシュレーターを配置。通気口も用意されています

インターフェースについて

本体が大きいだけあって、周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は豊富です。これだけあれば端子の数が少なくて困ることはないでしょう。万が一足りなくなっても、ドライブベイ用の拡張ユニットや拡張ボードを追加することで、使える端子類を増やせます。

GALLERIA XT フロントパネル

前面のインターフェース

  • ① USB3.0
  • ② SD/microSDカードスロット
  • ③ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ④ リセットボタン
  • ⑤ 電源ボタン

GALLERIA XT I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① USB2.0
  • ② PS/2 ※キーボード / マウス接続用
  • ③ DVI  ※非使用
  • ④ VGA (D-sub15ピン) ※非使用
  • ⑤ HDMI  ※非使用
  • ⑥ USB3.1 Gen1
  • ⑦ USB3.1
  • ⑧ 有線LAN
  • ⑨ オーディオ端子類
  • ⑩ DVI
  • ⑪ HDMI
  • ⑫ DisplayPort

拡張性について

GALLERIA XTのミドルタワー型ケースは、内部も巨大でスペース的にかなりの余裕があります。たとえばドライブベイは合計10個もあり、電源の容量が許す限り大量のストレージを設置可能です。また拡張スロットも多く、将来的なパーツ追加 / 交換によるアップグレードにも対応できます。

GALLERIA XT 本体内部

左側面のサイドパネルを外した状態

GALLERIA XT マザーボード

ATX規格のマザーボードを使用。試用機ではASUSのPRIME B365-PLUSが使われていました

GALLERIA XT CPU周り

静音パックまんぞくコースの大型CPUクーラーを使用。メモリーソケットは4ポートで、最大容量は64GB

GALLERIA XT 空冷ファン

CPUの側面と上部に12cmの大型空冷ファンを設置することで、高い冷却性能を実現しています

GALLERIA XT 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① M.2スロット
  • ② PCIExpress x16
  • ③ PCIExpress x4
  • ④ PCIExpress x1

GALLERIA XT 電源

電源は500Wで80PLUS BRONZEの静音タイプ

GALLERIA XT ドライブベイ

5インチドライブベイは5つ

GALLERIA XT ドライブベイ

3.5インチのシャドウベイも5つ

GALLERIA XT GTX1660Ti

使用機で使われていたGeForce GTX 1660 Tiのグラフィックボード

GALLERIA XTのベンチマーク結果

ストレージ性能

ストレージには512GBのSSD (無料アップグレード中)と、1TBのHDDが使われていました。SSDはPCIe 3.0 x4の爆速タイプで、ファイルアクセスが超高速です。512GBの容量であれば大作ゲームを何本かインストールできるので、RPGなどのファイルアクセスが多いゲームをSSD側にインストールするといいでしょう。たまに起動する程度のゲームについては、HDD側へのインストールをおすすめします。

GALLERIA XT ストレージ

512GB SSD (左)と1TB HDD (右)のアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPUには、第8世代のCore i7-8700が使われています。すでに第9世代のCore i7-9700KやCore i7-9900KなどがリリースされておりCore i7-8700はひと世代古いわけですが、性能的にはまだまだ現役レベル。ハイエンドGPUの性能を活かすには高性能なCPUが必要と言われますが、ミドルレンジクラスのGTX 1660 Tiであれば十分と言えるでしょう。

GALLERIA XTでCPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、Core i7-8700の平均値をやや上回る結果となりました。大きな性能低下もなく、十分なパフォーマンスです。第9世代のCore i7-9700Kとあまり変わらないことを考えると、値段が安いぶんコストパフォーマンスが高いと言えます。

CPUの性能比較 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i9-9900K
2030
Core i7-9700K
1494
GALLERIA XT (Core i7-8700)
1424
Core i7-8700
1393
Core i5-9400F
958
Core i5-8400
945
Core i7-7700
860

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの性能比較 (総合性能)

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i9-9900K
18710
Core i7-9700K
17208
GALLERIA XT (Core i7-8700)
15992
Core i7-8700
15819
Core i5-9400F
12043
Core i5-8400
11229
Core i7-7700
10881

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの温度について

FF15ベンチを30分間実行して、CPUのクロックと温度を計測しました。Core i7-8700は最大クロックが4.6GHz (1コア動作時)であることを考えれば、6コア動作時で平均4.28GHzという結果は悪くはありません。またCPU温度も平均53.9℃と低く、最高時でも60℃をちょっと超えるぐらいです。この結果からCPUの冷却性能は高く、パフォーマンスを十分に引き出せていると言えます。

GALLERIA XT CPUクロック

FF15ベンチ実行中のCPUクロックとCPU温度の推移

3D性能

GTX 1660 TiはミドルレンジクラスのGPUです。性能面は現行世代のRTXシリーズに及びませんが、前世代のハイエンドクラスであるGTX 1070に迫るスコアとなりました。もちろん、前世代のミドルレンジクラスであるGTX 1060を軽く上回っています。

3D機能の性能比較 (グラフィックス)

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
RTX 2080 Ti
27118
GTX 1080 Ti
22960
RTX 2080
21975
RTX 2070
19805
GTX 1080
16792
GTX 1070
15393
GALLERIA XT (GTX 1660 Ti)
14377
GTX 1060
10393
GTX 1050
6237

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

ちなみにCore i5-9400FとGTX 1660 Tiを搭載したGALLERIA DTでは、同じベンチマークテストで13643という結果が出ています。Core i7-8700を搭載したGALLERIA XTのほうがスコアで上回っていますが、その差は5%程度でしかありません。価格の安さを求めるなら、Core i5搭載モデルを選ぶのもアリです。

個別のゲーム系ベンチマークテストを試したところ、負荷の高い重量級のゲームではフルHDの最高画質でギリギリ&中画質ならなんとか快適、やや重い中量級ゲームではフルHDの最高画質でも快適、という結果となりました。フルHDであれば、いま出回っている人気ゲームをひととおり楽しめる性能です。

ただしハードウェアレベルでのレイトレーシング機能には対応していないため、ゲームでのレイトレーシング機能を有効にすると、FPSがガクッと下がります。レイトレーシングについては考えないほうが無難です。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
フルHD 高品質 6394(快適)
標準品質 8851(快適)
軽量品質 11710(とても快適)
FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
フルHD 最高品質 15211(非常に快適) ※105.713 FPS
高品質 15911(非常に快適) ※114.0381 FPS
標準品質 19335(非常に快適) ※162.651 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
フルHD 最高品質 22330(すごく快適)
標準品質 22259(すごく快適)
低品質 23277(すごく快適)
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
フルHD 最高 54 FPS (最低34 FPS)
92 FPS (最低46 FPS)
102 FPS (最低46 FPS)
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
フルHD ※DLSSオン、レイトレースシャドウクオリティー無効 最高 77 FPS
93 FPS
最低 129 FPS
フルHD ※DLSSオン、画質最高 レイトレースシャドウクオリティー:最高 33 FPS
レイトレースシャドウクオリティー:高 37 FPS
レイトレースシャドウクオリティー:中 62 FPS

※平均60FPS以上が快適に遊べる性能の目安

フォートナイトでは、最高画質でFPS(描画速度の目安)が114.51という結果で、理想とされる平均60 FPSを大きく上回っています。なめらかな動きでゲームを楽しみたいなら、120Hzの高リフレッシュレートに対応するゲーミングディスプレイを用意するといいでしょう。「高」画質であれば144Hz対応ディスプレイでさらになめらかな動きを堪能できます。

GALLERIA XT フォートナイトFPS計測結果

フォートナイトFPS計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
エピック(最高画質) 114.51 FPS 100 FPS
148.13 FPS 137 FPS
273.85 FPS 225 FPS
低(最低画質) 334.41 FPS 290 FPS

フォートナイトよりもやや重いPUBGでも、最高画質で平均100 FPSを超えました。やはり120Hz以上の高リフレッシュレートディスプレイでプレーするのに向いています。

GALLERIA XT PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
ウルトラ(最高画質) 102.95 FPS 91 FPS
129.38 FPS 109 FPS
137.31 FPS 123 FPS
149.7 FPS 115 FPS
非常に低い(最低画質) 158.56 FPS 125 FPS

動作の軽いリーグ・オブ・レジェンド (LoL)ではまったく問題ないどころか、ややオーバースペック気味です。LoLなどのMOBAやRTSをプレーするなら、もう少しスペックが低い機種を選んでもいいかもしれません。

GALLERIA XT LoL FPS計測結果

リーグ・オブ・レジェンド計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
通常モード (最高画質) 270.85 FPS 242 FPS
TFT (最高画質) 237.71 FPS 238 FPS

中量級タイトルを120Hz以上でプレーするならコレ!

GTX 1660 Tiを搭載したGALLERIA XTなら、人気のバトロワ系ゲームをフルHDの最高画質でも平均100 FPSオーバーで楽しめます。現在人気のFPS系なら、さらに高いFPSで楽しめるでしょう。中量級タイトルを120Hz以上の高リフレッシュレートで楽しむのに適したモデルです。

さらに上のクラスとなると、RTX 2070 (SUPER)搭載モデルが対象となる感じでしょうか。RTX 2060はGTX 1660 Tiとあまり差がないため、中量級タイトル中心ならGTX 1660 Tiのほうがおすすめです。RTX 2070は重量級ゲームやレイトレーシングが視野に入ってきますが、そのためにプラス5万円払うべきかは意見がわかれるところでしょう。

GALLERIA シリーズの比較

機種名 CPU GPU Fire Strike 税込価格
GALLERIA XT Core i7-8700 GTX 1660 Ti 14,377 14万2538円
GALLERIA ST Core i7-8700 GTX 1660 Ti 14,106 15万9818円
GALLERIA DT Core i5-9400F GTX 1660 Ti 13,643 12万0938円
GALLERIA ZF Core i7-9700K RTX 2070 19,918 21万3818円
GALLERIA XF 2019 Core i7-9700K RTX 2070 19,474 19万5458円
GALLERIA ZG i7-9700K Core i7-9700K RTX 2080 21,969 23万9738円
GALLERIA ZZ i9-9900K Core i9-9900K RTX 2080 Ti 27,118 29万3738円

GALLERIA XT 感想

フォトーナイトやPUBGなどを高リフレッシュレートで楽しむのに最適なモデル

GALLERIA XT

GALLERIA XT (GTX1660Ti搭載)

税込14万2538円~

※構成や価格は変更される場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

👉 ドスパラのゲーミングPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました